手術、入院。そして退院。

2013.02.14 (木)

今日はバレンタイン。
美味しいものでも食べに行くかーと、当初は予定していたのですが、
家をあけられない事由があり、ケーキ焼いてオムライス食べました。

家をあけられないワケは、うちのねこ事情。

しまうーエリザベスカラー

しまうーが先週の日曜、2/10に緊急手術を受けました。
異物の誤飲が原因の腸捻転で、腸を切開して異物を取り出すという手術。

前日の昼過ぎ頃から吐き出して、夜になると2時間おきに吐くようになり、
吐きっぷりもぶっしゃーと噴出する吐き方。

これはおかしい、やばいのでは…と、病院へ連れて行くことに。
世間は3連休だったので、いつも行っている病院はお休みで、
慌てて日曜にやってる病院を探して、ちょっと遠い初めての病院へ。

血液検査→レントゲン→バリウム造影と3つの検査をして、
腸捻転を起こしていることがわかり、即手術をすることに。

で、出てきたのがこれ。

しまうーの飲んだもの
(左のタコ糸が飲んだもの。比較はDS)

焼き豚に巻いてあったタコ糸を、私が流しの三角コーナーに捨てたのですが、
それを漁って食べてしまったみたいで。

うおーん・゚・(つД`)・゚・
しまうーごめんよ。

「これは猫の食べる量じゃないですよ。」
「すごくお腹痛かったと思いますよ。」

とお医者さんにも言われ、心から反省。
あまりの長さに、腸だけ切開する予定が、胃も切開することになったのだと。
うぅぅ(T_T)

もう二度とこんなことないようにしないと><!
ということで、帰りにさっそく蓋付の三角コーナーを買いました。

で、入院中は毎日お見舞いに行ったのですが、1日目は大型犬が2頭いて、
あぁ・・・これは超こわいよね・・・眠れないよね・・・と心配だったんだけども、
お医者さんもびっくりな脅威の回復力と食欲で、予定よりも早い2/13に退院。
病院の方々、ありがとうございました!!!

久しぶりの我が家でのび。
ちょっと痩せたかも。

のびのびしまうー

やっぱり家族揃うのうれしいねーとほっこり。

とはいかず。

めんまがまさかのリセットで、
しまうーを威嚇して興奮して寄り付かず・・・。

キャットタワーの一番上から見下ろすめんま。

キャットタワー

誰だよこいつって感じで、ものすごく不機嫌なめんま。

不機嫌めんま

昨夜はめんまがあらぶって、夫も私もあまり眠れませんでした。
「1日寝たらなおるよ。」
と楽観視していたのですが、今日もめんまの態度は変わらずで、
しまうーの臭いがする夫や私にも威嚇と攻撃。

気長に2匹の動向を見守ることにします。
ふぅ。
ごめんね、しまうー。
ごめんね、めんま。

そんなこんななバレンタイン。
手術費用に莫大な金額がついたのと、猫たちを置いてけないということで、
おとなしく家で過ごすことになったのです。

せめてなんかプレゼントしたいなぁと思い、
お弁当入れがくたびれてきていたので、新しく手作りしたものをプレゼントしました。

お弁当要れ

上手くできたでしょー!
それにはわけがありまして。

すでに型も切ってある、手作りキットで作ったのです、ふふふー。
こういうのって、作ってみよう!ってやる気はやってくるんだけども、
なんとも布を切るのが億劫で、ついつい既製品を買ったり、
布だけ買って放置・・・とかになりがちに。
でもここのお店の手作りキットは、布がもう型のかたちに裁断されていて、
後は縫うだけ!という超優れもの。

保育園や小学校のあれやこれの手作りに、ぴったりでございます。

tette(テッテ)

http://te-tte.ocnk.net/

子供が産まれたらば、いろいろ作りたいなー☆
編み物とつまみは得意やけども、ミシンが苦手な私。
ありがとう、キット。

気づけばこんなに長々と。
猫のこととなると日記が長くなる。むむぅ。
なのでおしまい!

Copyright 2017 手仕事と猫. All Rights reserved.

ページの先頭へ戻る