嵐の中の、おけいこマルシェ。-2日目篇-

2013.04.12 (金)

おけいこマルシェ、2日目。

おけいこマルシェ_2日目01

朝の早い時間は少し青空も覗き、淡い期待を抱いて受付でスタンバイ。
前日の大荒れの天気にも関わらず、出店者の方々が続々と来てくださり、
ただただ、「ありがとう」と「申し訳ない」で胸がいっぱいに。

この日も前日と同じく、開始時間直前で雨がばーっとやって来て、
テントのない方は開山堂へと移動。

おけいこマルシェ_2日目02

気温もぐっと下がり、雨風だけでなく、寒さも厳しい中での出店となりました。
出店者のみなさま、本当にありがとうございました。

おけいこマルシェ_2日目03

2日間、運営とおけいことで、あれよあれよという間に過ぎていき、
ひ弱い私は疲れのピークに達してしまい、打上げにも掃除にも参加せず、
ばーっと帰らせてもらったという、うぅぅ・・・情けなし・・・_| ̄|○

これまで出店する側として、こういったイベントに関わってきましたが、
今回主催側になってみたことで、これまではわからなかった、気づかなかった角度から
「手づくりイベント」というものを考えさせられ、
作家さんのこと、作品のこと、主催者のこと、お客さまのこと、
いろんな方角からの気持ちや目線があるということを知ることができました。

三方良し、とはなかなかいかない悔しさというか、なんというか。

それでも、メンバーのみんなで3ヶ月間がんばってきた日々。
こんなに一生懸命になれることってなかったよなぁってくらい、
懸命というよりは必死でやってきました。

至らない点もたくさんあったけども、だからこそ次への改善へと繋げたいし、
へこたれずに新しいことにチャレンジしていきたいし、
こんな機会をいただけたことを、すごく幸せだなぁと思っています。

パワフルで個性的なメンバー、スタッフのみなさま、ありがとうございました。
みんなの意欲や情熱に刺激を受けたし、話し合い協力してきた時間はとても貴重だったし、
こんな素敵な人たちのメンバーに入れていただけたことに感謝です。

出店者のみなさま、荒天の中出てくださり、ありがとうございました。
ひどいお天気で、また至らないことだらけだったにも関わらず、「また出たいですよ」「おりがとう」という、
あたたかいお言葉までいただき、申し訳ないって思う気持ちを、次へ必ず活かすんだって決意になりました。

来てくださったお客さま、荒天の中足を運んでくださり、ありがとうございました。
案内図がわかりずらく、また表示が少なかったため、ご不便をおかけしたりと、
至らない点は多々あったかと思いますが、本法寺を知ってくださり、
おけいこを楽しんでくださり、作家さんの作品を手にとってくださり、
ありがとうございました!

8ヶ月に入り、大丈夫なのか?と心配をかけて、それでも私をサポートしてくれ、
応援してくれた夫に家族に、ありがとう。

これは私の日記なので、イベントの詳しい内容がきちんと書けていないのですが、
近日中におけいこマルシェの公式HPにて、当日の様子をUPしますので、
またそちらのほうも見ていただければ嬉しいです。

京おんなのおけいこマルシェ

早くページ作らねば・・・!!

Copyright 2017 手仕事と猫. All Rights reserved.

ページの先頭へ戻る